明日には欲しい事務用品!アスクルに!

オフィスで働いていると(ひょっとしたらそうでなくても)、一度は耳にしたことがあるかもしれません。「アスクル」という単語。一体コレは何者なのでしょうか?まず単刀直入に言いますと、「超便利なオフィス用品通販サービス」のことなのです。
まず大きな特徴は、その名前からもご想像が及ぶかと思いますが「明日、来る」のです。実はこのサービス、原則として注文した翌日の午前中にはほとんどの事務用品は届けてくれる、というのがウリです。「定時の前に気づいた。コピー用紙がそろそろ少なくなってきたな」そんな時でも、その日のうちに注文しておけば、翌日の午前中には届けてくれるのです!コピー用紙からコーヒー、はたまた大型のホワイトボードまで、おおよそオフィスで使うものは取り扱っているので、安心して利用することができます。
更に!なんと午前11時までに注文した場合は、当日中の夕方頃に届けてくれるのです!「明日、来る」を超越した「今日、来る」ですね。
ただし、そんな即納性が便利なアスクルですが、納期は注文時に表示されるので、きちんと確認してから注文してくださいね。
また、他の便利な機能としては、「社内の注文取りまとめ」というのもあります。部内のそれぞれの社員が部の代表者にほしいものをリクエストすることができ、一括して発注する、ということも可能です。消耗品発注にかかるコストも削減できる、お得なサービスです。
そんな便利なサービス、「アスクル」。まだの人はぜひ訪れてみてくださいね。

 
 

美しい歯を手に入れるなら審美歯科

審美歯科とは、歯の病気を治す治療が目的ではなく、歯の美しさに注目した歯科医療のことを指します。具体的な施術内容は、歯の矯正やホワイトニング、オールセラミック、ガムプリーチなど多岐に渡ります。健康保険制度での歯の施術は機能面に重きを置いたものばかりであり、審美的な施術には限界があります。例えば虫歯の治療に関しても、削った歯に詰める詰めものが金属であれば保険内治療で、白いセラミックを詰めると保険外になり自費治療となってしまいます。しかし、機能的には歯の状態が回復しても、見た目に満足できなければ、心身ともに健康へ向かっているとは言えません。

歯に悩みを抱えていると、笑顔になることを躊躇ってしまったり就職等で不利に働いてしまうなど多くのデメリットがあり、歯並びが悪いことで日々の食生活に支障を来す場合もあります。日本審美歯科協会では機能的側面と審美的側面を合わせて口元の健康と美を追い求めようとするものと掲げられています。歯はその人の印象を決定付ける重要なパーツであることが分かります。さらに、歯の黄ばみや歯茎の傷みなどは生活習慣や加齢によって引き起こされるものであり、歯の噛み合わせによって体の姿勢や骨に影響を及ぼす可能性があるなど、長期間かけて審美性を欠いていくものなので、常に口元の状態をチェックすることが大切だと言えます。

審美歯科は標榜科として認められていないが、多くの県立大学病院に歯科外来や専門外来が設けられ特殊専門外来と呼ばれています。

 
 

新築マンションの間取り図から正確に広さをチェック

分譲タイプの新築マンションの場合は、事前に正確な間取りを知ることは難しいです。賃貸物件の資料の様に、何畳とは記載されていないことが多く、1/70や1/80等の記載方法によってcmで表示されていることがほとんどです。計算が面倒な上に間違える可能性もあるので、正確な広さを知ることが難しくなっています。モデルルームにはパンフレットと共に設計図面が設置されていることがあるので、設計図面をコピーさせてもらいましょう。

1/100や1/50で表記されていることが多いので、この場合は1cmで1mになるので非常に計算しやすいです。実際に冷蔵庫やタンスやソファなど、どういった位置に置けるのかを知ることは家選びで非常に重要です。現在所持している家具では、綺麗に部屋に設置出来ない場合もあるので、部屋の広さは正確に把握することが大切です。また、キッチンに冷蔵庫置き場がある場合は、その大きさも確認しておきましょう。大型の冷蔵庫の場合は、その場所に収まらずにデッドスペースになってしまう可能性があります。何も物を置けない場所があれば、それだけ損になるので余すことなく家具を設置出来るように確認しましょう。

また、収納の広さも非常に重要です。設計図面から読み取ることは難しいですが、大体の広さはわかります。収納が少ないということは、それだけリビングや他の部屋に無駄な物を置くことになるので、それだけ部屋が狭くなるので注意が必要です。